2009年09月10日

合唱団白樺

 ロシア語友の会を母体にして1950年に誕生。指揮者に北川つとむの父、北川剛を迎え、ロシア民謡、ソヴィエト歌曲の演奏と訳詞活動を展開。毎年の定期演奏会をはじめ、労音の演奏会、学校公演など各種の公演活動は多くの人たちに共感を持って迎えられてきた。1981年と2002年にロシア公演を成功させている。創立以来56年間取組んでいるロシア民謡、ソヴィエト歌曲の訳詞は「アムール河の波」を代表に400曲を優に超える数となっている。東京バラライカ・アンサンブルとはお互いの演奏会でしばしば共演しており、兄弟のような関係にある団体として、深い関わりを持ってきている。2005年、4枚目のCDを共同制作。

 公式サイトはこちら
posted by TBE at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

教室案内

バラライカ上級&アンサンブルレッスン
木曜日(2回/月) 14:00〜17:00 アカデミー音羽(護国寺)
 
ユーラシア教室
土曜日(2回/月) 14:00〜18:00 ユーラシア協会本部(経堂)
 
つくばバラライカ教室
金曜日(2回/月) 14:00〜18:00 春日公民館(つくば市)
 
狛江教室
火曜日(2回/月) 13:00〜17:00 狛江市民会館(狛江市)
 
山梨教室
月曜日(2回/月) 13:00〜16:00 働く婦人の家(山梨市)
 
個人レッスン
曜日・時間 応相談
posted by TBE at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

教室案内

東京バラライカ・アンサンブル研究生
日曜 14:00・17:00 音羽生涯学習館(護国寺)
ユーラシア教室
土曜 15:30・17:00 ユーラシア協会本部(経堂)
東急セミナーBE
土曜 13:00・14:30 渋谷文化会館8F ※閉室のため削除
つくばバラライカ教室
金曜 15:00・21:00 つくば市
喜多見カルチャー
火曜 10:30・12:30 喜多見市
朝日カルチャー
土曜 18:00・19:30 新宿住友ビル4F
個人レッスン
火曜、木曜 13:00・21:00 新宿・初台ハイツ7F
posted by TBE at 03:55| Comment(3) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

ヴァレリー・ザジーギン

Val.jpg 1971年、グネーシン名称音楽教育大学卒。ニチポレンコ教授にバラライカを師事。1979年、全ロシア民族楽器演奏コンクール第1位。ザジーギンの芸術的手腕、豊かで高い感情に訴える音色はロシアの音楽批評家たちによって繰り返し賞賛されてきた。新聞「チュメニ・プラウダ」(1981年1月31日付)は次のように述べている。「ショスタコーヴィッチ、パガニーニ、サラサーテの作品のダウ部分はバラライカのために書かれたものではないが、V.ザジーギンの手にかかると、この3弦の楽器がまるでヴァイオリンやギターのように多彩に鳴り響いた。演奏が終わるとどっと聴衆の熱烈な拍手が湧き起こった」。V.ザジーギンのソロ・リサイタルはいつもラリーサ・ゴドリヴ夫人のピアノとのアンサンブルで演奏された。巧みで博学な音楽家ラリーサ・ゴドリヴは、ザジーギンの成功に対し多大の貢献をしている。ロシア人民芸術家。夫人はロシア功労芸術家。
posted by TBE at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

ヴャチェスラフ・クルグロフ

V.jpg サンクト・ペテルブルグ音楽院卒業。シンフォニーの指揮とドムラクラスに学ぶ。1972年、モスクワでの全ロシア民族楽器コンクールに入賞。現在、グネーシン名称音楽教育大学教授。後進の指導にも熱心で、彼の弟子の43名もが有名なコンクールの受賞者に名を連ねている。ドムラのほかにもマンドリンにも精通しており、3弦ドムラ、4弦ドムラの教則本とともに、マンドリンの演奏に関する著書も出版している。ロシア人民芸術家。
posted by TBE at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ニキータ山下(山下健二)

Yamashita.jpg ロシア語翻訳家。(株)アンヴィックス代表取締役。1937年中国ハルビン生まれ。東京藝術大学声楽科卒業。男性ヴォーカル・カルテット「ロイヤル・ナイツ」バリトン。
 1966〜1978年に8度のロシア東欧演奏旅行で500回のコンサート。1991年、アトランタ(米国)、パリ、ロンドン、アムステルダムでのコンサートツァー。2008年3月まで東京藝術大学非常勤講師(ロシア声楽曲歌唱指導)。訳書に「闘う白鳥」マイヤ・プリセツカヤ自伝(文藝春秋社)、ほか。

posted by TBE at 00:35| Comment(11) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

北川翔(バラライカ)

 1984年、東京生まれ。合唱団白樺の常任指揮者、故北川剛を祖父に、東京バラライカ・アンサンブル主宰、故北川つとむを父に持ち、幼少よりロシア音楽に親しむ。バラライカを父、北川つとむ、ピアノを新井雅代、作曲・編曲法を中島克磨各氏に師事。
 2004年ロシア国立ラフマニノフ記念ロストフ音楽院に留学。バラライカをA.ダニーロフ、指揮法をA.ゴンチャロフ、編曲をG.タルスチェンコ各氏に師事。2005年、ロストフ音楽院小ホールにて、日本人として初めてのリサイタルを開催。2006年、カザルスホールにおいてリサイタル開催。ロシア音楽を、祖父、父、子と三代にわたり継承する稀有な環境ばかりでなく、その豊かな音楽性とテクニックは、本場でも高い評価を得、日本は勿論、広く世界から注目される新進気鋭のバラライカ奏者である。
posted by TBE at 19:27| Comment(1) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤ちゑ(ソプラノ)

 武蔵野音楽大学卒業。昭和音楽芸術学院オペラ研究科卒業。故内藤りょう、故奥村淑子各氏に師事。オペラ「フィガロの結婚」スザンナ、「魔笛」パミーナ、パパゲーナなどに出演。1988年、ソロアルバム収録。   1993,1996,1999,2001年、東京バラライカ・アンサンブルのロシア公演にソリストとして参加。ロシア民謡だけでなく、日本歌曲やオペラ<アリア>でも絶賛をあび、ロシアに根強いファンを持つ。2000,2001年、ニューカレドニアにて文化交流の音楽会開催。邦楽器アンサンブルとの共演や、サロンコンサートなど幅広く活躍している。
posted by TBE at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

天野加代子(メゾ・ソプラノ)

AmanoKayoko.jpg 大阪音楽大学声楽家卒業。国立チャイコフスキー記念モスクワ音楽院声楽研究科修了。
 外国人として初めてモスクワ国立音楽家協会専属ソリストとなり、ロシア各地でコンサートを行っている。クラスノヤルスク市の国際フェスティバルには、ロシア文化省と日本大使館の要請により、日本代表として出演。ロシア国立TVラジオオーケストラ、国立オシポフ記念ロシア民族楽器オーケストラ、アンドレーエフ記念ロシア国立民族楽器オーケストラとも共演。現在、日本・ロシア音楽家協会会員。二期会会員。日本ユーラシア協会会員。大阪「なにわ芸術祭」審査員。
posted by TBE at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

アレクサンドル・ツィガンコフ

Alex.jpg シベリアの町、オムスク生まれ。1972年グネーシン名称音楽教育大学ドムラクラス卒。1968年、第9回ソフィア(ブルガリア)国際青年フェスティバル国際コンクール入賞。1972年、モスクワの第1回民族楽器演奏国際コンクール第1位。この30年間ピアニストであるインナ・シェフチェンコ夫人と数え切れないほど多くのソロ・コンサートを開催。オシポフ名称ロシア国立アカデミー民族楽器オーケストラのソロ奏者でありコンサート・マネージャーでもある。大手出版社から5冊の作品集を発刊。国内ではTV番組「民族楽器の声」のホスト役をつとめる一方、アメリカ、スウェーデン、ノルウェー、日本など外国での演奏活動とアマチュアのドムラ奏者のためのマスタークラス開催にも熱心である。ロシア人民芸術家。夫人もロシア功労芸術家。
posted by TBE at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉岡弘行(客演指揮者)

Hiro.jpg 東京藝術大学作曲科卒業。同大学院修了。作曲を河田文忠、北村昭、小林秀雄、佐藤眞、指揮法を坂本和彦、ヘルムート=リリンク、ヴァイオリンを井崎郁子、澤和樹、ピアノを野村真理の各氏に師事。第10回笹川賞及び第52回日本音楽コンクール作曲部門第2位(1位なし)受賞。これまでに日本ニューフィルハーモニー管弦楽団、岡山交響楽団、西日本医科学生オーケストラ、葛飾フィルハーモニー管弦楽団、北浦室内管弦楽団、原宿バロックアンサンブル、東京混声合唱団、武蔵野市民合唱団、同志社混声合唱団、東京クローバークラブ、葛飾区民合唱団、ジョリーラジャース、松戸市民コンサート、葛飾区民ミュージカル等を指揮。「声楽集団ムーサ」の音楽監督として数多くのコンサートを企画、編曲、指揮する。東急文化村では、歌劇「ホフマン物語」を指揮し好評を博す。また讃祷歌の編曲、指揮者としてニューヨーク国連本部、バンクーバー、パリ、ヴァチカン市国(ローマ法王の謁見演奏)、ハイデルベルグ、フライブルク、北京、西安、台北などで公演を重ねる。現在は作曲家、アレンジャー、指揮者として広く活躍中。
 2006年より東京バラライカ・アンサンブル客演指揮者となる。

[主要作品]
ミュージカル「うちの猫がいなくなった」、管弦楽のための「レ・プレリュード」、序曲「瀬戸内の風」、仏教カンタータ「女人讃嘆」、「わらべの祈り」、「花の韻」、「十三佛尊」、弦楽四重奏曲第1番、第2番、混声合唱曲「星座の海」、カワイ出版より合唱組曲「十ぴきのねずみ」、「春〜メーリケの主題による追想詩」、「風の詩集」、「虫の絵本」、「キュイジーヌ」、 音楽之友社より管弦楽と合唱のための組曲「あしたの灯」、コーラススコアクラブより「わたしのうた」、管弦楽と合唱、独唱のための「ふるさと春夏秋冬」などを出版。
posted by TBE at 21:43| Comment(0) | TrackBack(1) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

連絡先

東京バラライカアンサンブル
電話・ファクス:03-5974-8303 または 090-2746-0745
e-mail: musica-lara@utopia.ocn.ne.jp
住所:〒114-0024 東京都北区西ヶ原一丁目40-10-402
(事務所:〒170-0003 東京都豊島区駒込六丁目35-8 沖田ビル1F)
posted by TBE at 21:05| Comment(8) | TrackBack(1) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

北川つとむ

tutomu.jpg ロシア民謡研究家であった父、故・北川剛のもとにバラライカを手にする。作曲を故・寺原伸夫、指揮法を阿部純、プリマ・バラライカ独奏法をA.ダニーロフ各氏に師事。1982年、日本人として初めてのバラライカ・リサイタルを行う(以後、5回開催)。同年、ロシア民族楽器オーケストラ「東京バラライカ・アンサンブル」を結成・主宰。1985年、グネーシン名称音楽大学(モスクワ)に留学、P.ネチポレンコ教授に師事。1991年、本場ロシアでソロデビュー。1992年から東京バラライカ・アンサンブルを率いて6度のロシア公演を行い、指揮・作曲の分野でもその高い音楽性を評価された。また、CDの解説や来日するオーケストラの紹介など、広くロシア音楽の研究・普及に努める一方、ロシア民族楽器オーケストラのためのオリジナル作品の作曲にも意欲的に取組んだ。23年にわたり東京バラライカ・アンサンブルを主宰、音楽監督として、名実ともに日本を代表するロシア民族楽器オーケストラに育て上げた。
 子息・翔が同じバラライカ奏者を目指しロシア留学中の2005年9月、逝去。享年49歳。
posted by TBE at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TBEの歩み

 1982年、北川つとむによってモスクワから持ち帰られた、珍しいロシアの民族楽器で結成される。発足以来、日本唯一のロシア民族楽器オーケストラとして、「題名のない音楽会」、「ザッツ・ミュージック」、「サタディHOTリクエスト」などのテレビ、ラジオに出演の他、各種演奏会や音楽鑑賞教室等、23年間で500回以上の要請公演を行う。
 本場ロシアでの公演は、92年、93年、ヤロスラブリを中心に開催された国際民族楽器フェスティバルに日本代表として参加。96年、モスクワのチャイコフスキーホール、グネーシン音楽アカデミーホール他にて演奏会を行う。99年はサンクトペテルブルグ「白夜祭」に参加、4公演。01年にも、ヴォルガ河畔の各都市で演奏、A.ツィガンコフ(ドムラ)、V.ザジーギン(バラライカ)との協奏曲や、日本の作品の上演で、その演奏は高い評価を得た。
 近年は、来日するアンサンブルや、ソリストの公演プロデュース、ロシア民族楽器のワーク・ショップ等も手がけている。また、ロシア歌曲を専門とする声楽家や、多くの合唱団の演奏会にゲストとして出演、CD制作にも協力している。

《編成》
正会員30名、準会員6名、客演7名、研究生12名

◎ドムラ          ◎バラライカ
  マーラヤ  :8名     プリマ   :10名
  アルトーバヤ:5名     セクンダ  : 2名
  バソーバヤ :2名     バス    : 3名
                コントラバス: 3名
◎グースリ   :1名   ◎アコーディオン : 2名
◎フルート   :1名   ◎オーボエ    : 1名
◎打楽器    :2名
posted by TBE at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | TBE紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。