2006年05月05日

グースリ

gusuri.jpg ハープを横にして金属弦を張ったような、チター属のロシア琴。中世ロシア時代、スコモローヒ(吟遊詩人〜旅芸人)によって皇帝批判の伴奏楽器として使われていた為 使用することを禁じられ、焼却命令が出された歴史を持つ楽器でもある。
 撥弦型と鍵盤型の2種類があり、それぞれ1台ずつがオーケストラの中央に配置される。古くは小型(翼型と呼ばれている)で膝の上にのせて演奏したが、 現在では、脚が付いて大型になり、30本から60本の弦が張られている。鍵盤型は、楽器の左側に1オクターブの鍵盤が取り付けられており、和音を押さえ、 右手のピックで全ての弦をはじくと、押さえている音だけが出る構造になっている。
 民族オーケストラにおいて、ハープより頻繁に使われ、また、音色も明るく、力強い。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。