2006年05月05日

バヤン

 古いロシアのクロマティック・アコーディオン「ガルモーニ」が20世紀初頭に改良、発展されたもので、伝説の名歌手、ボヤーンの名前をとって、バヤンと名付けられた。ガルモーニは大きさによって、ピッコロ、ソプラノ、アルト、バリトン、バス、コントラバスの6種類があったが、バヤン1台で、これら全ての音域を演奏できるようになった。
 右手は鍵盤ではなく、ヨーロッパで盛んなクロマティック・アコーディオンと同じボタン式(配列、奏法は多少違うが)になっている。速い、特に跳躍したパッセージを弾くには、鍵盤アコーディオンより有利である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。